骨粗鬆症の予防と対策のコツ|元気に動くために骨を健康にしよう

心筋梗塞の原因と対策

看護師

心筋梗塞や狭心症は虚血性心疾患とも呼ばれ、国内でも死亡リスクが非常に高い危険な病気です。心筋梗塞は日常生活の何気なく行なっている習慣が発症の引き金を引いてしまうので、注意しましょう。

More Detail

地方クリニックの特徴

病院

都筑区の内科クリニックでは一般内科の診療の他にも、様々な症状の治療を受けることが出来ます。また地域医療の特徴である訪問診療や、周辺病院とのネットワークが充実しています。

More Detail

骨粗鬆症と向きあおう

病院

医療技術が進歩したことによって、国民の平均寿命は確実に伸びています。それに伴い人々の健康意識も高まり、多くの人が自分の身体の健康に関して興味を持つようになっているのです。人は年齢を重ねると、身体の様々な箇所に不具合が起こります。中でも顕著に症状が現れる部分が骨です。骨は年齢を重ねるのと同時にもろくなっていきます。骨がもろくなってしまう症状のことを骨粗鬆症といいます。この骨粗鬆症は生活習慣や食事の栄養バランスを正しくすることで予防することが出来ます。最近では骨粗鬆症を専門の病院で改善していく人も少なくありません。骨粗鬆症は誰にでも起こりうる病気です。未然に症状を防ぐためにも、正しい情報を頭に入れておきましょう。

骨粗鬆症には原発性骨粗鬆症と続発性骨粗鬆症があります。先ほど紹介した加齢が原因の骨粗鬆症は原発性骨粗鬆症になります。続発性骨粗鬆症は病気やその治療で使用する薬の影響で起こる症状のことを指しています。骨粗鬆症が引き起こされてしまう原因としては、骨の新陳代謝がうまく行われていないことが考えられます。また他にも女性の場合、更年期や閉経などが原因で骨がもろくなるといわれています。というのも骨の形成には女性ホルモ員が大きく関係しており、骨の形成や新陳代謝を促すエストロゲンという女性ホルモンが不足すると症状が悪化していきます。病院で行なう予防対策や治療方法としては、骨の形成を促す成分が多く含まれた薬を使用した薬物療法をメインに行ないます。また日常生活でも食事療法や運動療法を取り入れることで、効率良く回復させていくことが出来ます。

甲状腺の病気を知る

医者

甲状腺ホルモンの異常は身体の調子を悪くしてしまいます。甲状腺はその分泌量が多すぎても少なすぎても身体に良くないため、病院でしっかりと検査して的確な治療を受けることが大切です。

More Detail